パソコン初心者から効率よく脱却する方法

パソコンはITの玄人だけが触れる機械ではありません。
確かに以前はそういった機械でしたが、今では簡単なマウス操作で色々なソフトウェアを操作する事が出来ます。

基本的な知識を学び、後は経験をじっくりと積んでいけば全くの初心者でも半年から一年程度で、中級者になれます。
それは自転車の運転を覚える手順と似ています。
最初は失敗続き、分からない事ばかりですが、体当たりで操作を勉強していけば、後は体が自然と学んでいきます。

キーボードを見ずにタイピングする事、キーボードのショートカットキーを覚える事なども、要するに経験がものを言います。

知識の方も、今では書店などで販売されているマニュアルを一通り読むだけでOKです。


アイコンや画面に表示されるソフトウェアの指示やメッセージを丁寧に読み、それを経験としてフィードバックしていけば、着実に初心者からステップアップする事が出来ます。
上達のポイントは知識習得と実践を今後を繰り返す事です。

パソコン操作のマニュアルを最初に完璧に読んでから後でソフトウェアの操作を覚えよう、とする方々がしばしばいますが、それは効率があまり良くない方法になります。
反対に全く知識が無い状態で、手当たり次第にパソコンソフトを購入して、基本的な使い方を知らずに文章を作成したり、印刷物のデータ制作に乗り出すのもあまり良い覚え方ではありません。

初心者の方々は知識、実践のどちらか一辺倒に偏りがちですが、マニュアルを読み、その覚えた事をとりあえず実践して、経験としてフィードバックする、そして次に困った事ややりたい事が出来たら、再び即座にマニュアルの読書に戻り、再び実践を繰り返す、こういった反復練習が初心者脱却のキーとなります。
パソコンもまた楽器やスポーツの練習同様に出来れば毎日欠かさずに続けた方が上達の効率が良くなります。

一日でも触らない日が出来ると、以前に学んだスキルがすっぽり抜け落ちてしまいます。


初心者の方こそ、スペックの良いマシンを自宅に置き、暇を見つけてスキルアップに励んだ方が良いでしょう。

ネットカフェ等のお店に行けば、そこで最新型のマシンを自由に触れますので、わざわざ自宅にマシンを置く必要は無いだろう、と考える人々もいますが、いつでも好きなタイミングでマシンを立ち上げられる利点がありますし、ネットカフェだと結局自分の希望するソフトや操作が出来ない事も多く、やはり上達を希望する方々は思い切って自分用のマシンを買った方が良いでしょう。
デスクトップPCやノートPC、そしてタブレットPC等、今では多彩な種類があります。基本的にOSさえいっしょなら、マシンの外観やデザインによって、大きく操作性が変わる事はありませんので、とりあえず自分が触ってみたい物を買いましょう。


ただ、タブレットPCはまだまだ発展途上国のハードウェアです。

一般的なマニュアルに記載されているハウツーやノウハウは、デスクトップPCやノートPCのインターフェイスを基準としているため、知識を正しく得たいならその2つから選択するのがベストです。

パソコンの初心者関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

チャイルドケア・インストラクターの合格率について紹介しています。

チャイルドケア・インストラクターとはが気になる方に必見の情報です。

ヨガのインストラクターの資格に関するご質問を解決いたします。

チャイルド・ケアライセンス受験資格の欲しい情報が手に入りました。

http://life.news.biglobe.ne.jp/career/eaidem/emp01-pref20/city20411-jFF05-%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB-p1/

http://girlschannel.net/topics/466300/

http://www.47news.jp/smp/47topics/e/207508.html

関連リンク

ヨガスクールを選ぶポイントについて

ヨガスクールの選び方にはポイントがあります。最初に注意する点は、通いやすいかどうかです。...

more

パソコンを活かすために資格取得をしよう

現在は仕事やプライベートでパソコンを利用する機会も多いですし、一家に一台それが置いてある家庭も増えています。そして、それをもっと活かしたいと考える方にオススメとなってくるのが、資格取得をする方法です。...

more
top