チャイルドケアライセンスの取得を目指す人とは

最近、チャイルドケアと呼ばれるアロマやハーブなどの自然療法を取り入れたホームケアが、育児に悩んでいる親の間で注目を集めています。
元々は海外の保育士などが取り入れていた手法ですが、急激に利用者を拡大しています。

その背景には育児について、相談できる相手が少ないことがあげられています。

いつの時代にでも子育ては難しいものであり、両親はいろいろと悩みながら自分の成長とともに、何とか子供の成長を見届けるものです。

子育てにおいて大切なのは、様々な困難に遭遇した際に、身近な自分の両親や近所の人々などの助言やアドバイスであり、言い替えれば、そういった助けがなければ子育ては成立しないと言っても過言ではありません。


ところが最近では、ママ同士の友人はいても、正直に子育ての悩みを相談する人がいないというのが実態なのです。

このことは、核家族化が進み、兄妹も少なく両親も遠方に住んでいる人が多いことも少なからず影響しています。


また、唯一、相談できるのが保育園や幼稚園の先生だという人も少なくありませんが、その保育施設でさえ不足しており、待機児童が多くいるのが現状です。
チャイルドケアを行うには、ケアライセンスが必要ですが、国家試験ではありませんが、民間資格を取得しなければなりません。そのためには、「日本アロマコーディネーター協会」の講座で所定カリキュラムを履修しなくてはなりません。

そこで受験資格を得ることになり、実際に試験を受けることができます。
因みに認定試験は小論分形式で行われ、自宅で受験することもできます。


チャイルドケアが注目されている理由のひとつに、この手法が子供だけを対象としたものではなく、間接的ではありますが両親にも大きく関わってきます。

この手法はアロマやマッサージ、フットケアにより、子供のストレスを解消し人格形成や成長につなげていこうというものですが、こういった手法は毎日、続けることがとても大切になります。

そこで、子供を持つ両親は、その手法を覚え、自宅で実践することが重要になります。

一方、保育士などに代表される、子供の教育や面倒を見る仕事に就きたいという人も少なくありませんが、自身が幼児を育てていたり、介護が必要な家族と同居している状況であり、働く時間に制約ができてしまい、諦めている人もたくさんいるのが実態です。そのような人には自宅で簡単に実践できるチャイルドケア・コーディネーターは、とても魅力のある仕事です。

ケアライセンスの取得を目指している人は、コーディネーターとなって病院に勤務したり、自分で独立して開業する人が多数を占めますが、この手法に興味を持つ現役の保育士やベビーシッターなども数多く受験しています。

チャイルドケアは親子のスキンシップを促し、子供だけでなく両親のストレス解消にも非常に大きな役割を果たしていますし、今後さらにケアライセンスを取得しようとする人が増えていくことが予測されているのです。

チャイルド・ケアライセンスとはが評判になっています。

他種類に及ぶc言語の研修の情報はココで集まります。

こだわりのVBの研修に関する情報が閲覧できます。

有名な大宮自動車教習所に関してお困りですか。

ヨガのインストラクターの資格の情報がわかりやすく紹介されています。

http://smany.jp/6001

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201650326.html

http://news.livedoor.com/article/detail/10744502/

関連リンク

パソコンを活かすために資格取得をしよう

現在は仕事やプライベートでパソコンを利用する機会も多いですし、一家に一台それが置いてある家庭も増えています。そして、それをもっと活かしたいと考える方にオススメとなってくるのが、資格取得をする方法です。...

more

ヨガスクールを選ぶポイントについて

ヨガスクールの選び方にはポイントがあります。最初に注意する点は、通いやすいかどうかです。...

more
top